5KPlayer > 動画&音楽再生 >AVCHD豆知識及びAVCHDとMP4の違い

AVCHDとは何?AVCHD豆知識まとめ

AVCHD豆知識1ー定義:AVCHDとは何?
AVCHDとは、ソニーと松下電器産業が2006年5月に発表した。撮影した映像信号をMPEG-4 AVC/H.264方式で圧縮し、様々な記憶メディアに記録することができる。音声形式は5.1チャンネルのドルビーデジタル(AC-3)だ。当初の規格では対応記録モードはハイビジョン(1080/60i)とSDTV相当(480/60i)だったが、720/60p(AVCHD Lite)や1080/60p(AVCHD Progressive)などに追加で対応した。
AVCHD拡張子:「.mts」または「. m2ts」
カテゴリ:ビデオファイル
AVCHD特徴:
1、ハイビジョン動画記録フォーマットの一つで、従来のハイビジョン動画記録フォーマットよりも圧縮効率がよいため、DVD程度のディスク容量でもハイビジョン映像を数時間録画することが可能なフォーマットだ。
2、HD録画に対しているハードディスク録画方式やメモリー録画方式の家庭用デジタルビデオカメラで多く採用され、最も人気のある記録形式だ。
3、ハイビジョンで記録できるため、大画面でも美しい映像を鑑賞することが可能だ。付属のブルーレイディスクレコーダーや動画用ソフトウエアなどを使うと、プレーヤーで再生可能なハイビジョンディスクを作られる。

けれども、少し分かるユーザーなら、きっとそういうことに気が付いていた。AVCHDとMP4が基本コーデックが同じH.264/AVCでも、記録方式が異なる。それは一体なぜだろうか?また、AVCHDとMP4の間で、一体どんな違いがあるか?そこで、次はAVCHDとMP4の違いについて、詳しく説明する。

AVCHD豆知識2ーAVCHDとMP4の違い

この部分はインターネットで色々と調べてから、その解説を総合してまとめたものだ。AVCHDとMP4の違いをなかなか区別できないユーザーが、どうぞご参考してください。

関連記事:AVIとMP4違い MKVとMP4違い

MKV MP4違い

AVCHD豆知識3ーAVCHD DVD再生できるソフトお進め

AVCHDで録画したDVDなら、見た目は一般的なDVDと何ら変わらないので、AVCHD再生ができない環境で両者のディスクが混在すると、再生できたりできなかったりという状況が発生しやすくなる。パソコン上でAVCHD DVDを再生するためには、基本的にはAVCHD方式(H.264/MPEG-4 AVC)に対応したDVD再生ソフトが必要だ。

Windowsなら、Windows7以前では、AVCHD方式のビデオの再生機能が標準で装備されているので、Windows Media Playerで再生できるが、Windows8,Windows10のユーザーなら、無理だ。Macのユーザーも同じだ。けれども、心配する必要がない。5KPlayerがあれば、WindowsユーザーもMacユーザーも気楽にそういう問題を解決できる。なぜかというと、5KPlayerとは、殆どのビデオ拡張子を内臓していて、AVCHDで録画されたDVDディスクが採用した「UDF2.5」もサポートする。しかも、オリジナルの品質で再生を実現できる。

関連記事:【2016 保存版】Macで動画を見る時に役に立つ2016 Mac動画プレイヤーまとめ
関連記事:Mac DVD再生ソフトおすすめ5選

ホーム | 会社概要 | お問い合わせ | ニュース | プライバシーポリシー | サイトマップ

Copyright c 2016 DearMob, Inc. All Rights Reserved.
All other products or name brands are trademarks of their respective holders. All logos, trademarks and images relating to other companies that may be contained wherein are applied in the Internet that are not used for commercial use. DearMob's software is not developed by or affiliated with such companies.

高画質な動画再生ソフト〜5KPlayerオススメ

5KPlayerダウンロードWin版 5KPlayerダウンロードMac版