5KPlayer > 動画&音楽再生 >VR体験おすすめスマホVRアプリ

2016年期待のVRゲームとVR対応型HMDをまとめて紹介する

最近、仮想現実空間を実現するVRゲームという言葉をよく耳にするのでしょうか?それは2016年に映像やゲームを楽しむ一般向けには発売されていなかった高性能なVR対応型HMDが発売されて、特にゲームの分野で大きな盛り上がりを見せるからです。VR HMDの発売に伴い、VRゲーム現実となってしまいました。これから、専用のVR対応型HMDを装着すれば、自分がVRゲームの世界に入り込んだような高い没入感を得られます。これはまったく新しいゲームのプレイスタイルです。ゲームの大ファンは矢も盾もたまらず、一度遊びたいでしょう。そこで、今回は2016年期待のVRゲームとVR対応型HMDをまとめて紹介していきます。
※なお、VRアプリは随時リリースされているため、本記事は情報を更新していきます。
関連記事:VRホラーゲーム怖すぎる? Android&iPhone向けのVRホラーアプリをおススメして、VRホラー全般を解説

5KPlayer - 無料かつ最高な3D VRビデオプレーヤー

VR動画再生アプリ

5KPlayerとはWindows&Mac向け、高画質かつ高音質で3D動画再生するために最高なフリーメディアプレーヤーだ。更新していて、今のところで360度パノラマVR動画再生することもできる。まだ3D動画やHD動画再生のように優秀ではないかもしれないが、いつのまにかNO.1の無料VR動画再生ソフトとして目立つことを期待されている。実は、YouTube,Facebookなどの300以上のオンライン動画共有サイトからVR動画をダウンロードするのが既にパワフルなパフォーマンスを展示している。高速だし、画質と音質を落とさないままに保存できる。更に、AirPlay技術の採用で、iPhone,iPad,iPodなどからWindows&MacにVR動画をストリーミングすることも可能だ。

5KPlayerダウンロードWin版 5KPlayerダウンロードMac版
VRゲームアプリ

VRゲーム~『進撃の巨人』

あなた自身が第104期訓練兵団の一員となって、「トロスト区奪還作戦」に参加!巨人のサイズ感や、目の前に人気キャラクター「ミカサ」や「アルミン」が!あの立体起動装置の浮遊感を体感できるストーリーになっている。VRゲームの『進撃の巨人』はそれが実現できる。今はVRの360°体感シアター『進撃の巨人』の「哮(こう)」がネットカフェのVR対応型HMDで体験できる!

VRゲームアプリ

VRゲーム~『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』

『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』は士郎正宗の人気漫画を原作した『攻殻機動隊 新劇場版』をもどついて開発が進められてきたものだ。最新のCGとVRの具術を駆使することで、360°の映像を実現する驚異的なコンテンツだ。今は『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』をネットカフのVR対応型HMDで体験できる。『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』は、今後アプリプログラムの開発に夏以降に正式配信を目指す。さまざまなシーンの登場を期待しよう。

VRゲームアプリ

VRゲーム~『Eve:Valkyrie』

VRゲームでまずやってみたいのは大迫力の銃撃戦が行われるシューティングゲームではないたろうか?浮遊感や加速度を感じるので乗り物と相性が良い。本作も出撃シーンで感じる「ふわっ」という浮遊感に驚かされた。自分は戦闘機に乗ってるんだな、と脳が錯覚する。この「乗っている」感覚が表現出来るのがVRの強味だね。

VRゲームおすすめ

VRゲーム~『Fly to KUMA』

たくさんのクマたちをゴールまで導くパズルゲーム。クマたちは一定の法則に従いつつ前進。そのため、プレイヤーはクマたちが進むルート上にうまくブロックを配置することで、段差を登らせたり、障害物から守ったり、周囲をよく観察して正解のルートを考え、ゴールまでのルートを確保してあげなくてはならない。ステージは100種類以上あり、ステージが進むにつれて難易度も増していく。

VRゲームおすすめ

VRゲーム~『VR Tennis Online』

白熱のテニスを楽しめるスポーツアクションゲーム。コントローラのボタンでショットを打ち分けられ、シンプルな操作で奥深い駆け引きを楽しめる。また、ゲームを進めることで必殺ショットを習得できる。マンガの世界で見られるような必殺ショットをVRならではの臨場感で体験できる。腕を磨き、世界中のユーザーと、白熱のオンライン対戦をするのも楽しみの一つだろう。

VRゲームおすすめ

VRゲーム~『Job Simulator: The 2050 Archives』

その意味不明さとシュールさで人気を博したヤギゲー「Goat Simulator」や、ホラーゲーム等の舞台を掃除するだけの清掃ゲー「Viscera Cleanup Detail」と同じ雰囲気を感じる「仕事ゲー」がこちら。頭空っぽにして遊べるバカゲーは大事。仕事場をめちゃくちゃにするだけでストレス発散になりそう

VRゲームおすすめ

VRゲーム~RIGS Machine Combat League

FPSの次世代を感じさせる対戦VRゲーム。相手のゴールに自機を飛び込ませるスポーツを感じさせるルールがロケットリーグを彷彿とさせる。発表されたPSVRのゲームでは一番面白そうだと感じている。なにせ自分は根っからのFPSプレイヤーだもの。

VRゲームアプリおすすめ

VRゲーム~Summer Lesson

サマーレッスンはデモが公開されて以来、大きな話題になった。アメリカからホームステイに来た女の子に日本語を教えるという設定なのが、「本当にそこにいるみたいで緊張した」「恋をしてしまった」という人が続出。これが発売されたら現実世界に戻って来られなくなる人が出てくるかかも知れない。これ、完成度高そうなんだよね。

VRゲームおすすめ

VRゲーム~Robinson

恐竜がテーマのVR作品。VRの魅力を存分に引き出せるだろうこのテーマ。発表された時のワクワク感は凄かった。VRの魅力の一つにサイズが感じられる事がある。ゲームの世界時入り込み恐竜達の巨大さを体験できるのだ。小さいころ恐竜っ子だった私には嬉しいゲーム。

VRゲームおすすめ

VRゲーム~Rez infinite

話には聞いているけど前作はプレイしていない。そこで、どんなゲームか調べてみた。音楽に合わせて体を揺らしてしまうのは人間の本能か。熱狂的なファンが居るみたいで発表された時に大喜びしている人達がいたのが印象的。自分も「うって、ノッて、絶頂へ。」を体験したい。

VRゲームアプリおすすめ

VRゲーム~エースコンバット7(Ace Combat 7)

FF7のリメイク並みに日本を騒がせた人気シリーズの復活。その最新作はVR対応が明言された。空を駆ける興奮を再び味わえる日がやって来た。Eve Valkyrieをプレイしているので、VRを利用することで操縦している感覚が高まることは分かってる。エースコンバットシリーズは音楽も素晴らしい。発売は未定だけど今から楽しみで仕方がない。

VRゲームアプリおすすめ

VRゲーム~Golem(ゴーレム)

少女が石の巨人を動かすゲーム。PSVRを使ってゴーレムを動かすプレイヤーを上手く表現していると思う。プレイヤーが巨人になった時どの様な視界が広がっているか気になる。色々なゴーレムを操作できるのだろうか?ところで、石の巨人というと私はワンダと巨像を思い出す。過去作のVR化とか出来ないだろうか。

おすすめVRゲームアプリ

VRゲーム~100ft Robot Golf

おバカゲーム枠。なんでロボットでゴルフ?という疑問は尽きないが、サイズや広さを感じられるVRとスケールの大きい巨大ロボによるゴルフは相性が良さそう。こういう面白くプレイした人が勝ちって感じのゲーム、私は好きだ。

VRホラーゲームアプリ

VRゲーム~SEGA feat

ボーカロイドである初音ミクのライブに参加しているかのような気分が味わえるこのゲーム。バーチャルな存在である初音ミクとVRゲームは相性抜群で、初音ミクファンは熱狂できること間違いなし。

おすすめVRゲームアプリ

VRゲーム~KITCHEN

KITCHENという題名ですが料理ゲームなどではなくホラー。臨場感、没入感を味わえるということでホラーゲームはより恐怖を感じることに…。どれだけ怖いのかは実際にプレーしてみてのお楽しみ。

VRホラーゲームアプリ

VRゲーム~Hover Junkers

こちらはゲーム内に自分のペットを登場させることができるというゲーム。あくまで制作過程で作ってみただけでゲームの本筋とは関係ないようだが、仮想世界にペットも連れていけるような時代もいずれ来るかも知れない。

注目のVR対応型HMD

VRゲーム現実のために、VR HMDは不可欠なものです。HMD(Head Mounted Display、ヘッドマウントディスプレイ)は、頭部に装着するディスプレイ装置のことです。今のところ、注目されるVR対応型HMDは何ですか。次は注目のVR対応型HMDを詳しく紹介します。

VR HMD 〜Oculus Rift製品版/Oculus VR社

Oculus Rift(オキュラス・リフト)は2012年に初めて個人向のVR機器として作製されたメジャーなHMDと言えますが、製品版が2016年に発売となります。Oculus Riftの特徴は解像度の高いことと軽さです。製品版は開発者キットと比べると映像が格段にクリアになり、軽量化もされています。また、トラッキングシステムはマイクのような見た目の赤外線センサーと組み合わせることで、遅延もなく正確に作動します。更なる臨場感の向上に期待が持てます。

VR対応デバイス

VR HMD〜PlayStation VR/ソニー

PlayStation4対応のVR機器「PlayStation VR」を2016年前半に発売する予定します。VRはゲームとの親和性が高いため、PlayStation4でVRが体験できるPlayStation VRはゲーム業界からかなり注目をされています。Oculus Riftに比べると解像度は若干落ちてしまいますが、トラッキングの精度はMorpheusのほうが高いようです。また、ゲームに特化しているため、デモの段階でもかなりゲームの種類が豊富になっています。

VR対応デバイス

VR HMD〜 HTC Vive/Valve・HTC

HTC社からSteamVRとして発売されるHMDは「Vive」。HTC Viveの特徴はLighthouseという手法を使ったトラッキングシステムです。そのメリットは部屋全体をカバーできることとトラッキングの精度が高いことです。まさに仮想空間に住んでしまうイメージです。また、HTC Viveも独自のコントローラーがあり、これにも光センサーがついています。

VR対応パソコン

VR HMD〜StarVR/Starbreeze

Starbreeze社が発売するHMDは「StarVR」です。StarVRの機能が圧倒的で、視野角が210°や、ディスプレイ解像度が5120×1440ドットです。視野の広さと映像の美しさがStarVRにはあります。まだ試作機なので、今後スペックや仕様に変更が加えられる可能性もあります。

VR対応パソコン

VR HMD〜FOVE/FOVE社

FOVE社はVR対応型HMDFOVEを作るために、2014年5月に創業したばかりのスタートアップ企業です。FOVEは赤外線による視線追跡を使い、ユーザーが仮想3次元空間のどこを見ているか、を認識しインタラクションに取り入れることを狙います。まだ開発段階で、今後さらに改良していきます。2016年の春に開発者向けキットを出すことを目標にしているとのことなので、ほかのHMDより少し遅れての発売になるかもしれません。

VR対応パソコン

ホーム | 会社概要 | お問い合わせ | ニュース | プライバシーポリシー | サイトマップ

Copyright c 2016 DearMob, Inc. All Rights Reserved.
All other products or name brands are trademarks of their respective holders. All logos, trademarks and images relating to other companies that may be contained wherein are applied in the Internet that are not used for commercial use. DearMob's software is not developed by or affiliated with such companies.

無料かつ最高な3D VRビデオプレーヤー〜5KPlayerオススメ

5KPlayerダウンロードWin版 5KPlayerダウンロードMac版
最新記事
最新記事