高速、カンタン|iPhone同士で写真を大量に転送する方法

iPhoneで撮影した写真を、家族や友人に送りたいことはよくありますね。今回は、iPhone同士で大量の写真を転送する方法を紹介します。

iPhoneで撮った写真を家族や友達のiPhoneに送るには、いくつかの手段があります。パソコンを使わなくても写真を簡単に転送することができます。

<

パソコンなしでiPhone同士で写真を大量に転送する方法

方法1. 「AirDrop」を使って大量の写真をiPhone同士で転送する

「AirDrop」 はiPhoneやiPad、MacなどのApple製品に搭載されている、近くにあるAppleのデバイス同士で写真やビデオ、位置情報など様々なデータを送受信できる機能です。AirDropを使えば、第三者のアプリを利用しなくてもiPhone同士で大量の写真を転送できます。iPhone同士には、これが一番おすすめの写真転送方法です。

  • 操作手順一覧
  • STEP1. 送信側も受信側もAirDrop、Wi-Fi、Bluetooth機能をオンにする
  • STEP2. 送信側は写真を選択してAirDropで転送する
  • STEP3. 受信側は転送した写真を受け入れる

「AirDrop」を使ってiPhone同士で大量の写真を転送する方法の詳しくは、

  • 写真の送信側も受信側もAirDrop、Wi-Fi、Bluetoothをオンにします。

    受信側は、コントロールセンターを開き、Wi-Fiのアイコンがある部分を3Dタッチもしくは長押しして、左下のAirDropアイコンをタップします。送信側は、「連絡先のみ」、もしくは「すべての人」を選択します。

    iPhone同士で写真を大量に転送する
  • 送信側は、写真アプリを開き、右上のある「選択」をします。

    転送したい写真をタップして選択します。写真を選択完了したら、左下の「↑」共用ボタンをタップします。

    「タップしてAirDropで共有」の欄から受信側の名前またはデバイス名を選択します。

    iPhone同士で写真を大量に転送する
  • 受信側が「受け入れる」をタップすると、iPhone同士で写真を大量に転送します!

    iPhone同士で写真を大量に転送する
<

方法2. SNSを使って大量の写真をiPhone同士で転送する

iPhoneにはメールやLine、FacebookなどSNSアプリがあれば、写真を転送することもカンタンに進められます。

「SNS」を使ってiPhone同士で大量の写真を転送する方法の詳しくは、

  • 送信側は、iPhoneで写真アプリを開き、右上の「選択」をタップしてSNSで転送したい写真を選んだら、左下にある共用ボタンをタップします。LINEやFacebook、メールなど、どのSNSで大量の写真を転送するか選択してください。

    iPhone同士で写真を大量に転送する
  • すると、SNSアプリが起動され、転送したい相手を選択して写真を転送するだけでいいです。

<

方法3. 転送アプリを使って大量の写真をiPhone同士で転送する

Send Anywhereなどの動画転送アプリを利用すれば、写真を転送することも手軽に行けます。ここでは「Send Anywhere」という転送アプリを使ってiPhone同士で大量の写真を転送する方法を詳しく解説します。

  • 送信側も受信側もiPhoneに「Send Anywhere」をインストールします。

    送信側は、「Send Anywhere」を起動して、「写真」をタップして転送したい写真を選びましょう。

    大量の写真を選択完了したら、「送信」をタップします。

    すると、送信側のiPhone画面に6桁のキーとQRコードが表示されました。

    iPhone同士で写真を大量に転送する
  • 受信側は、iPhoneで「Send Anywhere」を起動して、メイン画面から「受信」ボタンをタップします。6桁のキーを入力するかもしくはQRコードを使ってiPhone同士で写真を大量に転送してみましょう!

Send Anywhereは、写真を大量に転送できるだけではなく、動画や連絡先、ファイルも手軽に転送できます。実は、パソコン、Android、iPhoneの間に転送することもできますよ。

<

iPhone同士で写真を大量に転送する方法(パソコンあり)

パソコンがあれば、iPhone同士で写真を大量に転送することがより高速で進められます。ここでは、「 DearMob iPhoneマネージャー」というiOSデータ管理ソフトを使って、どうやって、iPhone同士で大量の写真を転送するかと詳しく説明します。

    DearMob iPhoneマネージャーができること

  • ☆ カンタン且つ超高速で大量の写真及び動画、メッセージ、音楽、メモ、ボイス、電子書籍、カレンダー、アプリなどのiOSデータを転送可能。
  • ☆ HEIC写真を転送できるだけではなく、HEICを扱いやすいJPGにも変換可能。
  • ☆ 画質劣化なしでiPhone同士で写真を大量に転送可能。
  • ☆ 着信音作成、iPhoneバックアップ、復元、暗号化、USBフラッシュドライブなど多くの機能が簡単に利用可能。

さて、次は「DearMob iPhoneマネージャー」を使ってiPhone同士で大量の写真を転送する方法を紹介します。

  • 操作の流れ一覧
  • STEP1. 送信側はiPhone転送したい大量の写真をパソコンに保存する。
  • STEP2. 受信側はパソコンから大量の写真をiPhoneに保存する。
  • 送信側はiPhone転送したい大量の写真をパソコンに保存します。

    @. 送信側は、USBケーブル経由でiPhoneをパソコンと接続します。 iPhoneのロックを解除して画面には「このコンピューターを信頼しますか」とメッセージが表示されたら、「信頼」をタップしてください。

    A. 「DearMob iPhoneマネージャー」を起動して、iPhoneを認識したら、左上にiPhoneの名前が表示されます。その後、メイン画面にある「写真転送」をクリックします。

    iPhone同士で写真を大量に転送する

    B. すると、iPhoneに保存した写真がすべて表示されます。転送したい写真をクリックして選択しましょう。写真を全部転送したい場合、「すべて選択」にチェックを入れると一括選択可能です。

    iPhone同士で写真を大量に転送する

    C. 上部にある「エクスポート」をクリックすると、大量の写真がiPhoneからパソコンへ転送します。

    iPhone同士で写真を大量に転送する
  • 受信側はパソコンから大量の写真をiPhoneに保存します。

    @. 受信側は、iPhoneをUSBケーブル経由でパソコンと接続します。

    A. 「DearMob iPhoneマネージャー」のメイン画面にある「写真転送」をクリックします。

    iPhone同士で写真を大量に転送する

    B. 左側にある「+」ボタンをクリックすれば、iPhoneに写真フォルダを作ることができます。上部にある「写真追加」をクリックして、先送信側からパソコンに保存した写真を全て選択して開きます。

    iPhone同士で写真を大量に転送する

    C. 右下にある「同期」ボタンをクリックすれば、iPhone同士で写真を大量に転送することが超高速で始まります。

<

iPhone同士で写真を大量に転送する方法まとめ

今回は、「AirDrop」、「SNS」、「転送アプリ」、「iOSデータ管理ソフト 」を使ってiPhone同士で大量の写真を転送する方法をいくつか紹介しました。で、どの方法が一番ですか?

  • ☆ iPhone同士が近くにいれば、「AirDrop」を一番おすすめしたいです。LineやFacebook、メール、Send Anywhereなどの第三者のアプリやソフトも要らないし、 iPhone同士で大量の写真を送られます。
  • ☆ 転送したいiPhone写真が多すぎる場合、パソコンで「DearMob iPhoneマネージャー」を使う方法をおすすめしたいです。確かに、パソコンと接続して操作することなんて、少しややこしいと感じるですが、実は、パソコンで大量の写真でも見やすく、管理しやすいですので、iPhone同士で写真を大量に送る/受け入れることが快適に進められます。

で、iPhone同士で大量の写真を転送する方法は以上です。お役に立てれば幸いです( ´艸`)。

この記事を書いた人:鹿島湊

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。