iTunesで音楽ファイルをMP3に一括変換、そしてiPhoneに入れる方法!

ご存知のように、音楽ファイル形式「MP3」は汎用性が高く、ファイルサイズを小さくできます。日常生活でもほかの音楽ファイル形式をMP3に変換して保存する時もよくあります。

例えば、PC上の音楽ファイルをiPhoneに入れる時、M4AやAAC,WAV等の音楽ファイル形式をMP3に変換したい方はいますよね。

無料の音楽管理ソフトiTunesは、MP3変換が実現できますが、やり方がわからない人が意外と多いです。そのため、今回はiTunesで音楽ファイルをMP3に一括変換、そしてiPhoneに入れる方法を紹介します。iTunesでMP3に変換できなくて困った時、以下の方法をご参照ください

<オススメ>iTunes代替フリーソフトとして最適なツール

DearMob iPhoneマネージャー:iPhoneバックアップはもちろんのこと、PCとiOSデバイス間であらゆるデータを一括転送でき、形式変換、ファイル暗号化、iPhoneなどをUSBメモリーの代わりとしても使えるようにしちゃう優れものです。それに、動作の軽さとデータ転送の速さを誇っています。また、わかりやすいアイコン表示と操作で誰にでも抵抗心がなく気楽に使い始められるのでおすすめします。

<

1. iTunesで音楽ファイルをMP3に一括変換する方法

iTunesはApple社から開発された無料のソフトで、音楽や映画を楽しむだけではなく、iOSデバイスバックアップ・復元、CDの取り込み、及びMP3変換を扱えます。

手元の音楽ファイル形式をiTunesでMP3に変換すると、ファイルのサイズを小さくなり、殆どのメディアプレーヤーで再生することができます。

それでは、iTunesで音楽ファイルをMP3に一括変換する手順を説明します。

(1)Windows PC上のiTunesで音楽をMP3に変換する

  • お使いのWindows PCからiTunesを起動します。

  • Windows PCの場合、iTunes上部のメニューバーから「編集」>「設定」>「一般」>「インポート設定」の順と進み、「インポート方法」から「mp3のエンコーダ」を選択し、「OK」をクリックします。

  • iTunesで音楽をMP3に変換する
  • ライブラリ内の音楽を1曲以上選択した後、「ファイル」>「変換」>「mp3バージョンを作成」の順にクリックします。そうすると、iTunesライブラリにある音楽ファイルをMP3に変換することができます。

  • iTunesで音楽をMP3に変換する

(2)Mac PC上のiTunesで音楽をMP3に変換する

  • MacにあるiTunesを起動します。

  • PC画面上部のメニューバーから「iTunes」>「環境設定」>「一般」>「読み込み」の順と進み、「読み込み方法」から「mp3のエンコーダ」を選び、「OK」を押します。これで、MP3変換の設定が終わります。

  • iTunesで音楽をMP3に変換する
  • iTunesのライブラリから曲を選択してから、「ファイル」>「変換」>「mp3バージョンを作成」とクリックします。完了すると、iTunes上の曲がMP3に変換されます。

  • iTunesで音楽をMP3に変換する

    ヒント

  • iTunesライブラリではなく、PC上の音楽をiTunesでMP3に変換する場合、あらかじめPCの音楽をiTunesのライブラリに追加する必要があります。
  • 音楽追加方法としては、iTunes上部のメニューバーから「ファイル」>「ファイルをライブラリに追加」を選択して、変換したい音楽を追加することができます。また、ドラッグ&ドロップすることで、音楽の追加ができます。
<

2. iTunesでMP3音楽をiPhoneに入れる方法

iTunesでMP3に変換した音楽をiPhoneに入れたい方は結構多いでしょう。

次は、iTunesでMP3音楽をiPhoneに入れる作業について説明します。

  • USBケーブルでiPhoneをパソコンと接続します。

  • iTunesでiPhoneが認識されたら、iPhone形のアイコンをクリックします。

  • 設定欄の「ミュージック」>「音楽を同期」>「選択したプレイリスト、アーティスト、アルバム、および...」をチェックすると、下部から転送したい音楽ファイルを指定することができます。

  • 先ほどMP3に変換した音楽を選定した後、画面右下にある「適用」をクリックします。すると、音楽の同期が開始します。

  • 音楽の同期が完了したら、iPhoneの「ミュージック」アプリに表示されます。

  • iTunesでMP3音楽をiPhoneに入れる
<

3. iTunesでMP3に変換できない時の対処法

上述では、iTunesで音楽ファイルをMP3に変換、そしてiPhoneに入れる方法が紹介しました。

しかし、すべての音楽ファイル形式をiTunesでMP3に変換できるわけではないです。実は、iTunesはAppleデバイス対応可能な音楽ファイル形式のみをMP3に変換することができます。すなわち、iTunesで変換できる音楽ファイル形式はAAC/MP3/WAV/AIFF/M4Aのみです。音楽DVDよくつかわれるAC3形式やハイレゾ音源用のFLAC形式をiTunesでMP3に変換することができません。

音楽ファイル形式をサポートされていないこともiTunesでMP3に変換できない時の主な原因として考えられます。

そういう時、どうすればいいでしょうか?

ファイル形式の未対応で、iTunesを使って、音楽をMP3に変換できない場合、以下の二つの解決方法をお薦めします。あなたのニーズに応じて選んでください。

対処法@、iTunesの代わり、専門の変換ツール「VideoPro」で音楽ファイルをMP3に変換する

対応OS:Windows/Mac

日本語:対応

ダウンロードサイト:https://jp.videoproc.com/

  • VideoProcは動画音声編集・変換・ダウンロード、画面録画、及びDVD変換機能を一体した多機能処理ソフトです。
  • 各種のコーデックを内蔵するので、初期状態で多様なビデオ・オディオフォーマットの変換に対応することができます。音楽ファイルを他の音楽ファイルに変換するだけではなく、動画ファイルから音声ファイルを抽出することもできます。つまり、VideoPro さえあれば、iTunesを代わって、MP3以外の音楽ファイルからMP3への変換を手軽に実現できます。
  • iTunes対応可能なWAV・MP3・M4A・AIFFはもちろん、WMA・OGG・FLAC・AC3の変換にも対応しています。なので、VideoProc を使うと、WMA やFLAC等の音楽ファイルをTunesでMP3に変換できない問題も解消することができます。

それでは VideoProで音楽ファイルをMP3に変換する手順を説明します。

  • 1、以下のボタンをクリックして、VideoProをパソコンにダウンロード&インストールします。

  • ホーム画面の「ビデオ」を選択します。

  • VideoProで音楽をMP3に変換する
  • 上部メーニューから「音楽」をクリックし、MP3に変換した音楽ファイルを読み込みます。

  • 音楽の読み込みが完了後、画面下部の出力形式から「MP3」形式を指定し、「RUN」ボタンを押すと、MP3への変換が開始します。

  • VideoProで音楽をMP3に変換する

    ヒント

  • 変換して終わったら、iPhoneに入れたい時、またiTunesやほかの音楽転送ソフト(DearMob iPhoneマネージャー等)を使ってください。

対処法A、iOS管理ソフト「DearMob iPhoneマネージャー」で音楽をMP3でiPhoneに入れる

対応OS:Windows/Mac

日本語:対応

ダウンロードサイト:https://www.5kplayer.com/iphone-manager-jp/

  • DearMob iPhoneマネージャーはiTunesと同様に、iPhoneバックアップ復元、データ転送機能を搭載するだけではなく、iTunesにはない機能も充実しています。
  • DearMob iPhoneマネージャーを利用すれば、PCとiPhoneの間で、音楽ファイルを双方向でやり取りすることができます。特徴として、PCからiPhoneに音楽を入れる時、iPhone未対応の音楽ファイルを自動でMP3/AACに変換できることです。
  • つまり、DearMob iPhoneマネージャーを使うと、形式を問わず、すべての音楽ファイルをiPhoneに入れて聞けます。WMA・OGG・FLAC 等iPhone未対応の音楽ファイルをPCからiPhoneに入れたい時、MP3変換の手間を省くすることができるので、意外と簡単です。

それでは DearMob iPhoneマネージャーで音楽をMP3でiPhoneに入れる手順を説明します。

  • 以下のボタンをクリックして、DearMob iPhoneマネージャーをパソコンにダウンロード&インストールします。

  • ソフトを起動した後、USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続します。iPhone側で「信頼する」をタップすると、iPhoneがソフトで認識されます。

  • ホーム画面にある「音楽管理」をクリックすると、iPhoneの「ミュージック」にある曲を読み込みます。

  • DearMob iPhoneマネージャーで音楽をMP3でiPhoneに入れる
  • 4、画面上部「音楽追加」をクリックし、iPhoneに入れたい曲をPCから選択します。 

  • 音楽追加して終わったら、右下方の「同期」ボタンをクリックします。そうすると、PCの音楽をiPhoneに入れることができます。しかも、iPhone未対応の音声ファイルが自動でMP3に変換されます。 

  • DearMob iPhoneマネージャーで音楽をMP3でiPhoneに入れる

    ヒント

  • DearMob iPhoneマネージャーはPCからiPhoneに音楽をMP3で入れるだけではなく、着信音、ボイズメモ、写真、ビデオ等、殆どのデータにも対応できます。また、iPhoneからPCへ音楽や写真、ビデオ等を取り込みできます。
<

以上の対処法は形式を問わず、PCやiTunes上の音楽ファイルをMP3に変換して、iPhoneに入れることができます。

すごく簡単でしょうか。

未だにiTunesで音楽をMP3に変換できないということで困った人、又は「iTunesを使うことが面倒くださいと思った人は自分のニーズに応じて、専門の変換ツール「VideoPro」と専門のiOS管理ソフト「DearMob iPhoneマネージャー」を利用してください。

この記事を書いた人:高木

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。