×

5KPlayer > ブルーレイ >winDVDでブルーレイが再生できない対処法

【2019年最新版】winDVDでブルーレイが再生できない時の対処法

winDVDとは

WinDVDは、Corel Corporation が開発・発売しているビデオ再生ソフトで、現在普及しているDVD-Video、Blu-ray Disc、BDXL、AVCHD、WMV-HDなどの主要なビデオフォーマットに対応しています。世界中の多くのユーザーに愛用されてきました。

WinDVDは通常版とPro版があります。ブルーレイを再生できるのはWinDVD Proです。現在発売されているのはWinDVD Pro 12です。しかしながらBD再生用アプリケーションであるWinDVDでブルーレイができないことが出会った人があります。winDVDでBDが再生できない時、どうしたらいいでしょうか?

本記事はWinDVDでブルーレイが見れないことに困っている人のため、winDVDでブルーレイが再生できない時の対処法をまとめて解説しようと思います。

最高級の音楽・動画・DVD再生フリーソフトおススメ:5KPlayer

5KPlayerは洗練されたインタフェースで、Mac OSとWindowsで順調に動作できる。音楽・動画のビデオフォーマットに殆ど対応している上、海外DVD、市販、レンタルDVD、リージョンコードDVDや、一部分のコピーガード付きDVD、全部うまく対応できる。しかも、True theater技術の採用で、自動的に再生している動画の画質や、色彩、音声を自動的に補正できる。パソコンに必携のマルチメディアプレーヤーと言える。

winDVDでブルーレイを再生
5KPlayerダウンロードWin版 5KPlayerダウンロードMac版

(一)winDVDでブルーレイが再生できない時、最初にご利用ののパソコンスペック を確認します。

winDVDでBlu-rayを再生する時、以下の推奨環境以上のパソコンスペックが必要です。

推奨 CPU:Core Duo T2500 2.0 GHz または AMD Athlon 64 FX-60 2.6 GHz 以上のプロセッサ

推奨グラフィックカード:NVIDIA GeForce 8400 または ATI Radeon HD2400 以上の性能

上記システム要件を満たしていないと、winDVDでブルーレイが見れないです。そのため、winDVDでBlu-rayが再生できない場合、最初にお使いのパソコンスペック をチェックしましょう。

【無料】DVDリッピング・コピー関連ソフトオススメ

WinX DVD Ripper

WinX DVD RipperDVDを動画形式(MP4等)へ高速に変換


商業用DVD、自作DVD等を簡単にDVDをAVI、MPEG、MOV、MP4…お好きなように任意のスマホ&タブレットで見れるように変換できる。

√ 最新DVDコピーガード&地域ロックを全部解除;

√ 市販DVDの他、レンタルDVDのコピーにも対応;

√ 低いCPUコスト、業界一のリッピング速度と高い品質;

いかがでしょうか?

ここまでに読むと、WinDVDでブルーレイが再生できない時の対処方法がよくわかるでしょう。貴方はWinDVDでブルーレイが見れない問題に困っていたら、上記の対処法を参考して活用してください。

関連記事:ブルーレイをDVDにコピーするには、Top5優秀なブルーレイコピーフリーソフトおススメ:気楽にBlu-rayからDVDへ

フォローする

ホーム | 会社概要 | お問い合わせ | ニュース | プライバシーポリシー | ユーザー規約 | サイトマップ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc. All rights reserved.
Apple、Appleのロゴ、AirPlay®、 Apple TV®、Mac®、iPhone®、iPad®及びiTunes®などはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。

Windows10/8/7でDVDを再生できるフリーソフト〜5KPlayer

5kplayerダウンロードwin版 5kplayerダウンロードmac版